保証人について 

保証人について 

みなさん、キャッシングだったり何らかの契約書をかかせられたりしますと保証人と言う欄が出てきますよね。
この保証人とは、どのような意味を持っているんでしょうか。知っている方も多くいらっしゃるとは思いますが、ここで改めて保証人について確認しておきましょう。
保証人とは、債務者が債務を履行しない場合に、この債務者に代わって履行をする義務を負う人の事を指します。
つまり、とある人が父親を保証人としていればその人が借金をしてしまいその返済を行わない場合、代わりに父親に履行を求めることができるという事になるのです。
ここで、保障を代わりに履行する義務は、その本人が契約を交わした際に発生するようになっています。
ですから、保証人になる人は通常はその人と本当に血がつながっており責任が取れる立場である人が望ましいですし、安易に他人の保証人にはなってはいけないのです。
このように、保証人とはその人が債務の返済を行わなった場合に代わりに返済する人の事を指すのです。
保証人になってもらう人や、保証人になる可能性がある場合には本当に慎重に決めておきましょう。